KeyPerson

「クラウド」と「エネルギー」で勝負

NEC 社長 遠藤信博

取材・文/谷畑良胤 撮影/大星直輝

2012/01/05 19:37

遠藤 信博

週刊BCN 2012年01月02日vol.1413掲載

 NECは2011年、パソコン事業で中国大手のレノボと連合することを発表し、IT業界に大きなインパクトを与えた。2012年は、「クラウド」と「エネルギー」のソリューション展開に注力し、BRICsをはじめとする海外事業の展開に拍車をかける方針だ。遠藤信博社長は、従来型ビジネスが縮小するなかで、「ビッグデータ」の分析・活用など、ITの新たな利活用による商機を探っている。同氏に2012年の事業戦略をうかがった。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

NEC 社長 遠藤信博

<Lenovo×NEC>話題の“PC事業連合体”はどう動くか

富士通とNEC 注力分野は似るものの、業績に差

<有力ベンダーが語るビジネス戦略とパートナー施策>NEC 災害に強い情報システムを目指す 人と地球にやさしい情報社会へ