KeyPerson

今のビジネスのあり方に区切りをつける

NEC 社長 遠藤信博

取材・文/佐相彰彦 撮影/大星直輝

2013/01/10 19:37

遠藤 信博

週刊BCN 2013年01月07日vol.1463掲載

 2012年度上期の大幅なコスト削減によって営業利益の改善を果たしたものの、業績が本筋で回復したとはいえないNEC。そんな状況にあって、遠藤信博社長は、2013年4月をめどに、新しい成長戦略を定める3か年計画を策定することを明らかにしている。2013~15年度の3年間を「NECの次の100年に向けた基盤を築くための期間」と捉えて、「現在のビジネスのあり方に区切りをつける」と断言する。遠藤社長に、2013年の事業方針についてたずねた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

NECと富士通 方針の違いで業績に差 主力事業で、国内市場を拡大へ

NEC、「ビッグデータ」関連事業を本格化、今後3年で売り上げを1500億円に

NEC、「東京第三データセンター」のサービス提供を開始

IDC Japan、2013年の世界IT市場を予測、「第3のITプラットフォーム」がカギに

有望市場・東南アジア ITベンダーは開拓の準備を着々と

外部リンク

NEC=http://www.nec.co.jp/

おすすめ記事