その他

NECと富士通 方針の違いで業績に差 主力事業で、国内市場を拡大へ

2012/11/15 21:03

週刊BCN 2012年11月12日vol.1456掲載

 富士通とNECが2012年度(13年3月期)上期の連結業績を発表した。NECは、人員削減の完了を成果につなげて増収増益を達成。富士通は、欧州向け事業の落ち込みとデバイス事業の悪化で減収となり、利益の面では携帯電話の販売増やクラウドなどサービスの提供拡大で営業利益と経常利益が増加。最終利益は赤字に転落した。事業領域が似ている両社に業績の差が出てはいるが、主力事業に関しては両社とも国内を中心に伸びている。主力事業を拡大するうえでは、いかに国内市場での案件を増やすかがポイントになる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

NEC、第1四半期の連結業績は減収、赤字幅は100億円超の縮小

富士通、2011年度の業績は減収減益、海外売上高の2.3%減などが要因

NECが第1四半期の連結業績を発表 果たして構造改革は進んでいるのか

人員維持と人員削減 富士通とNEC どちらの決断が正しいのか

富士通とNEC 注力分野は似るものの、業績に差

外部リンク

NEC=http://jpn.nec.com/

富士通=http://jp.fujitsu.com/

おすすめ記事