KeyPerson

ベンダーとユーザーの横断的連携を促進

経済産業省 情報政策課長 三又裕生

取材・文/本多和幸 撮影/馬場磨貴

2013/06/13 19:37

三又 裕生

週刊BCN 2013年06月10日vol.1484掲載

 安倍政権は、成長戦略の柱として「世界最高水準のIT社会実現」を掲げている。すでに具体的な動きとして、新IT戦略案を取りまとめるとともに、国会ではマイナンバー法案も成立させた。国内産業育成のミッションを担う経済産業省は、こうした政府のIT関連施策を情報サービス産業の活性化にもつなげる考えで、戦略案策定のプロセスやマイナンバー制度の今後の運用における府省間の議論で、大きな存在感を示している。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

経済産業省がIT戦略をリード 新施策の民間活用で産業を活性化 オープンデータ、マイナンバーなど

政府の施策はIT業界活性化につながるか 新たなIT戦略と新年度予算からみえる将来像

スマートコミュニティがこれまでのIT民需を生む 医療向け会計など

消費税改正まであと1年 業務ソフト市場はどう動く?

外部リンク

経済産業省=http://www.meti.go.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>