東京ドームを一望できるNECネッツエスアイの会議室には、工夫を凝らしたビデオ会議システムが備えられている。和田雅夫社長はこの部屋をベースにして、複数の大型画面を通じて全国各地の営業拠点と直接にコミュニケーションを取り、デジタル資料を共有している。独自商材として力を入れるオフィス改革ソリューション群「EmpoweredOffice(エンパワードオフィス)」を自社に取り入れて、積極的に活用している。和田社長は、昨年5月に中期経営計画を打ち出し、独自商材の販売を強化するなど、成長の基盤を築いてきた。2014年の動きなどをたずねた。