“クラウドファースト”という言葉がすでに古いと感じるほど、クラウドの認知は高まっている。セキュリティ面の不安などを理由とするクラウド慎重論は根強いが、すべてのシステムをパブリッククラウド上で運用するユーザー企業も、事業規模の大小を問わず出てきている。だが、急成長を続けるパブリッククラウド市場では、さまざまなクラウドベンダーのサービスが乱立状態にあるともいえる。アマゾン データ サービス ジャパンの長崎忠雄代表取締役社長に、クラウド市場の現状をどのようにみているのかをたずねた。