クラウドの「副作用」ともいうべき事態が水面下で動き出している。SIerの主力ビジネスの一角を占める業務アプリケーション開発の価格が下がる傾向が強まっているのだ。クラウドとスマートフォン/タブレットの関係は密接不可分で、従来のサーバーとパソコンの関係を置き換える代名詞として位置づけられているが、とりわけこのスマートデバイス向けのアプリ開発で、低価格化と短納期化が顕著になっている。クラウド側で動作するシステム構築も過去のクライアント/サーバー(クラサバ)時代に比べれば割安になっており、SIerやISVは収益構造の見直しを迫られている。