久々に大型ベンダーが上陸してきた。北米を中心に急成長を続けるクラウドERPベンダーのワークデイが、今年1月、日本で本格的に営業を開始したのだ。近年、コモディティ化したという指摘も聞かれるERP市場は、クラウドの波をかぶってイノベーションが進み、活気を取り戻しつつある。ワークデイは、そうした動きを先導する注目のベンダーだ。日本法人の金翰新・代表取締役社長ゼネラルマネージャに、日本市場攻略に向けたビジョンをうかがった。