三島勉氏がブラザー販売の代表取締役社長に就任してから1年が経過した。前社長体制では家庭用プリンタ「PRIVIO」の認知率向上にリソースを割いていたが、三島体制ではビジネス向けの「JUSTIO」に注力。とくに収益力を強化するため、SOHOからSMB(中堅・中小企業)市場の開拓と販売拡大に取り組んでいる。医療や店舗、物流、製造などの業種に特化したソリューションの提案を推進している。