仮想化関連の製品・サービスを提供するベンダーとして知名度が高いシトリックス・システムズ・ジャパン。堅調に業績を伸ばしているものの、今年に入ってから指揮を執ることになった青葉雅和社長は、「踊り場を迎えている」と捉えている。世の中に「働き方改革」や「クラウド」という追い風があるなか、一気に成長路線を敷こうとしているからだ。どのような戦略を打ち出していくのか。今後の方向性を聞いた。