IoTや自動車、ロボットのすべてに深く結びつく組み込みソフト開発。新分野へと大きくビジネスの領域が広がる今、組み込みソフト開発の業界団体も世代交代に踏み切った。組込みシステム技術協会(JASA)は、今年6月に役員を刷新。新時代の組み込みソフト業界の顔として会長に就任したのは竹内嘉一氏(日新システムズ社長)だ。竹内氏はいち早く日本の組み込みソフト開発にインターネットの技術を採り入れた立役者でもある。今でいうIoTの先駆者だ。組み込みソフトにかける熱い思いを存分に語ってもらった。