基幹業務や社会インフラの領域に近ければ近いほど、ユーザーはより信頼のおけるSIerに発注したいという心理が働く。この信頼を70年にわたって築き上げてきたのが長寿SIerの日興通信である。電信電話の設備工事からNECマイコンショップの運営、そしてネットワーク構築へと業容を拡大。時代ごとに事業の柱は移り変わるが、社名に託した「日本を再興する」という創業者の熱い思いは、社員一人ひとりが受け継いできた。三代目の鈴木範夫氏が社長に就任して20年余り。次の70年もしっかり事業を継続させ、顧客の信頼を勝ち取っていく。