キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)の足立正親代表取締役社長は、キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)取締役常務執行役員を兼務するポジションを最大限に生かすことで、グループの相乗効果を一段と高めていく。顧客企業のあらゆる業務にITが浸透する今、製品販売や受託ソフト開発だけでの収益増は期待できない。「キヤノンMJグループが持っている業種・業態のノウハウをグループで共有し、そこにグループ内外の選りすぐりのITソリューションを結集する」と、経営課題の解決につなげていく体制の一層の強靱化が成長につながると説く。