サブスクリプションモデルのビジネスが、さまざまな業界で採用されるようになってきた。特にIT分野では、インターネットの普及に伴い、ソフトウェアを箱で買って導入することから、ダウンロードに変わり、さらにクラウドサービスへと変遷していく中で、サブスクリプションが自然と受け入れられてきた。ただし、購入から課金モデルへの変更という側面だけでは、サブスクリプションの本質を見誤ってしまう。藤田健治社長は「本質はビジネス革命にある」と主張する。サブスクリプションが注目される要因は、そこにある。