昨年3月、東洋ビジネスエンジニアリング(当時)の株主構成が大きく変わるというニュースが飛び込んできた。もともとの親会社である東洋エンジニアリングや大株主だった野村総合研究所が同社株を全株売却し、資本関係を解消。東洋エンジニアリングの産業システム事業本部が独立して発足した同社の設立20周年の節目である今年、社名から「東洋」の冠も外し、「ビジネスエンジニアリング株式会社」として新たなスタートを切った。新社名に込めた思いと、事業展開について聞いた。