富士通グループでITインフラの構築・運用・保守を手がける富士通エフサスの社長に、富士通で公共ビジネスに携わってきた小林俊範氏が就任した。ITインフラのトレンドはかつてのようなオーダーメードで構築されるものから、クラウドに代表されるサービスの活用へとシフトしつつある。インフラの運用・保守で長年の知見を蓄積した同社が、クラウド時代を勝ち抜く道筋はどこにあるのか、小林新社長に聞いた。