新型コロナウイルスの感染拡大により、ERP市場でもクラウドシフトの機運が高まっている。SaaS型ERP「Infor CloudSuite」を提供するインフォアジャパンのSaaSビジネスは高い成長率で推移している。昨年11月に副社長から再び社長に就任した三浦信哉氏に、現在のビジネスの状況や今後の戦略を聞いた。

SaaSの成長率向上が最優先
クラウドシフトを加速させる

――昨年11月に社長に再任されました。この経緯は珍しいことだと思いますが、ご自身ではどのように捉えていますか。

 もともと副社長という立場ではありましたが、コロナ禍の影響もあって前社長が日本にいられないことがあり、社長の代理のような形で今と同じようなことを任されてやってきていました。結果として期待されていた成長を実現できたということもあり、そのあたりを評価されての再指名かなと理解しています。こういうポジションで仕事をさせてもらうことをうれしく思うとともに、肩書きが違うことで感じる緊張感や重責も理解していますので、これまでの取り組みは継続しつつ、次の成長のためにどうしたらいいかということをより真剣に考えていかなければいけないなというのが正直な感想ですね。

――副社長から社長に肩書が変わっても、インフォアジャパンの魅力についての認識に変化はありませんか。

 最初に入社したときは、成長の余地がたくさんある会社だなと感じていました。実際に営業の責任者や一度めの社長在任時も、成長を感じることができていましたし、自分が打った手に対する結果というものが感じられる状況が続いてました。社長から副社長になったときもまだまだ成長の余地があると考えていたので、そこで辞めるという選択肢は考えませんでしたね。

――21年度(21年1月~12月)の経営方針説明会で、23年度までに売り上げで50%の成長を目指す計画を示されました。さらに商材別ではSaaSを8割、販売チャネルでは間接販売を30%にするということも示していました。これらの目標について、詳しく説明していただけますか。