初年度2億円の売上高狙う

 サイバーウェーブ(梨木繁幸社長)は口コミネットワーク「ポカン」サービスの拡販を図る。直販に加え、コミュニティサイト運営会社やセールスプロモーション会社、広告代理店などと販売契約を結んだ。同サービスは、02年5月1日から開始。消費者が商品情報などを口コミで広めることが特徴だ。メール配信対象者は、13社の大手コミュニティサイトと組み、300万人を超える。今後は、口コミ送信の分析をビジネスとして手掛ける構え。同サービスの販売は、メーカーや小売店を対象に行い、初年度に約2億円の売上高を目指す。

 「ポカン」サービスは、パソコンやモバイル端末を使用し、個人間で商品情報やキャンペーン情報などを広げることが特徴だ。サービス開始の背景について、梨木繁幸社長は、「バナー広告やオプトインメールなどのネット広告は、効果が疑問視され始めている。友人からきたメールは、開封率が高いことに目をつけた」と話す。メール配信対象者は300万人を超える。同社は、会員数78万人以上の懸賞サイトを運営するチャンスイットをはじめ、女性会員を30万人保有する女性コミュニティ運営会社や会員数16万人の映画コミュニティサイト運営会社など、13社の大手コミュニティサイトと提携した。

 消費者の口コミを促す手段は、ポイント付与機能。消費者は、サイト運営会社から受信した商品情報やキャンペーン情報を友人に配信することでポイントを獲得する。ポイントは、現金(10ポイントで1円)や、ほかのサイトで付与しているポイントなどに交換することが可能だ。また、口コミを促すと同時に、迷惑メールが送信できない仕組みをシステム化。導入企業は、1キャンペーンあたりの口コミ数制限や1日の口コミ数制限、重複告知排除、オプトアウトなどの機能により、安全な口コミプロモーションとして活用できる。

 旅行予約サイトを運営する東芝グループのアットトラベルは、サイトの会員獲得キャンペーンとして、2次配信時にこのサービスを導入。申し込みは、1次配信(通常のメール配信)の68.6倍だったという。サービスの価格は、配信数やポイント数によって異なるが、20万人への配信と50万ポイントの配布、5000人への口コミ保証で100万円をめどに販売する予定で、今年6月末まで40万円で提供する。また、口コミが広がる過程で、年齢や性別などの属性を収集する機能をもっている。そこで口コミの送信結果を分析し、レポートとして顧客企業に提供するビジネスも開始する計画している。梨木社長は、「ポカンのビジネスで初年度は、約2億円の売上高を見込む」と自信をみせる。