東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G、千田峰雄社長)と日本オラクル(新宅正明社長)は、国内ISV9社と共同で、企業の内部統制対応を推進するプロジェクト「CONTROL2006」を開始した。

 B-EN-Gの生産・販売・物流ソリューションとオラクルのSOA(サービス指向アーキテクチャ)基盤と各社のアプリケーションを連携させ、内部統制の確立に向けた支援を行う。「日本最大のSOAプロジェクト」(日本オラクルの三澤智光・常務執行役員)として、システム構築するベンダーなどの開拓も進める計画だ。

 このSOAプロジェクトは、B-EN-Gの生産・販売・物流ソリューション「MCFrame」とオラクルのミドルウェアのSOA基盤「Oracle BPEL Process Manager(BPEL)」をソリューション連携の中軸とし、連携プロセスの可視化をして、業務処理統制を満たす業務プロセスの実装環境を実現した。これにISVなどのアプリケーションを連携させた。

 今回開発した業務フローは、日本公認会計士協会発行の「統制リスク評価方法」を参考に統制項目を決定した約20種類になる。日本オラクルの遠藤哲・ISV推進部ディレクターは「今回参加したISVの異なるデータベースなどの製品間でも、APIを実装したり、アドオンするなど、テーブルスキーマーに一切手を加えず、各アプリケーションを連携できる」という。

 同プロジェクトは、B-EN-Gの自社イベント(11月10日)に向けた暫定的な「バーチャル会社として組織した」(千田社長)が、予想以上の反響があり、共同で継続的にシステム構築をするベンダーを開拓し、案件発掘をしていくことを決めた。