ドラゴン・ネットワークス(DNA、松田辰夫社長)とJMC(伊東茂文社長)、レビックグローバル(川口泰司社長)の3社は9月4日、共同で企画・開発した内部統制文書化作業を効率化する「JSOX クイックドキュメント」システムを発売し、9月27日からASPサービスも開始すると発表した。

 内部統制文書自動作成ツールをインストールしたアプライアンスサーバーと、内部統制実施のためのe-ラーニングによる教育コンテンツ・教材をセットにした製品。業務プロセスを部署、実施者、時期、証跡、作業の5つのマスター化した項目から選択することで、金融商品取引法(JSOX法)で義務づけられる内部統制構築のための3点セット「業務記述書」「リスクコントロールマトリックス(RCM)」「業務フローチャート」を、在来の方式よりも効率よく作成できる。

 ブラウザで操作するため面倒な設定は不要で、ネットワーク経由で接続が可能な全国の支店、営業所、海外の子会社などからも利用できる。また文書はExcel形式でのエクスポートが可能で、印刷や各監査法人用のフォーマットの修正も簡単に行うことができる。

 税別価格は、アプライアンスサーバー本体のみの「JSOXクイックドキュメント サーバ スタンダード」が180万円、年間サポートとe-ラーニングDVD/e-ラーニングテキストが付属する「JSOX クイックドキュメント プロ」は285万円、コンサルティングサービスを含む「JSOX クイックドキュメント スーパーバイザー」は685万円から。