NEC(矢野薫社長)は9月4日、統合システム運用管理ソフト「WebSAM」の帳票印刷業務管理ソフト「WebSAM Rakuform」が、NTTデータビジネスブレインズ(西村雅寛代表取締役)の電子帳票システム「Pandora-AX」と連携したと発表した。

 「WebSAM Rakuform」は、帳票設計から電子帳票化までカバーする総合帳票ソフト。「Pandora-AX」も電子帳票機能を持つソフトだが、個人情報保護や内部統制の観点からのセキュリティ機能が充実している。

 「WebSAMRakuform」は「Pandora-AX」と連携したことで、強固なセキュリティを保てるほか、帳票データの管理機能も充実。多様化している電子帳票のニーズに応えることが可能になる。具体的には、「WebSAM Rakuform」の帳票設計で作成した帳票にフォームオーバレイを行い、「Pandora-AX」で電子帳票化する。帳票作成のスピードアップとコスト削減を実現するとともに、セキュリティを大幅に高めることができるという。