リコー(近藤史朗社長)は、独自の技術を使用したビジネス向けカラープリンタ「GELJETプリンタ」の新製品3機種5モデルを9月7日から順次発売すると発表した。

 ラインアップは、オプション装着で最大A3ノビに対応するA3対応機「IPSiO GX 7000」、A4対応機「IPSiO GX 2500」、06年4月発売のA4対応機「ISPiO GX 5000」をベースに新たにフロント手差しを装備した「IPSiO GX 5000 フロント手差しモデル」の3機種。「GX 7000」「GX 2500」は、通常の1年間無償保証に2年間の保守サービスを加えた「安心3年モデル」も用意する。

 「GELJETプリンタ」は、インクジェット方式とレーザー方式の技術を融合した高画質・高速連続印刷が特徴。新製品はいずれも高発色インクを採用し、モノクロプリンタより低価格でカラープリントが可能な独自の「レベルカラー印刷」機能を備える。

 「IPSiO GX 7000」は、GELJETプリンタで初めてA3ノビ印刷に対応。オプションの「マルチ手差しフィーダー」を装着することで、最大A3ノビの用紙に印刷できる。マルチ手差しフィーダー装着時にはL版サイズの印刷も可能で、厚紙、封筒、ラベル紙など多彩な用紙にも対応する。連続印刷速度はカラー/モノクロともA4毎分29枚、ファーストプリントは約3秒。「IPSiO GX 2500」はA4対応のエントリーモデルで、印刷速度はカラー/モノクロともにA4毎分25枚、ファーストプリントは約4秒。

 「IPSiO GX 5000 フロント手差しモデル」は、本体前面から用紙をセットできるフロント手差しを新たに装備すると同時に、連続印刷速度を従来機の約1.5倍のカラー/モノクロとも毎分30枚に高速化した。標準のフロント手差しトレイにオプションの「マルチ手差しフィーダー」や「500枚増設トレイ」を組み合わせれば、最大3ウェイ、650枚の大量給紙も可能。保障期間は3年間。

 税別価格は、「GX 7000」が6万9800円、「同 安心3年モデル」が8万9800円、「GX 2500」が2万4800円、「同 安心3年モデル」が3万4800円。「IPSiO GX 5000 フロント手差しモデル」は8万9800円。