富士通(黒川博昭社長)と富士通フロンテック(海老原光博社長)は9月11日、手のひら静脈認証装置「PalmSecure(パームセキュア)」のPCログインキットを開発し、マウスタイプとスタンダードタイプの2種類を法人向けに発売した。

 PCログイン認証ソフトを標準添付し、認証サーバーを使わずにパソコン単体で認証可能。また、手のひらガイドなしでの認証や装置に手をかざす際の距離や角度の許容度などを向上させた。これにより、IDとパスワードで行っていたパソコンやアプリケーションのログインを、手のひら静脈認証による強固な認証方式で実現する。

 マウスタイプの手のひら静脈認証装置は、世界で初めてマウスの中に静脈センサーを内蔵。使用中のマウスと交換してそのまま利用でき、利便性や省スペース化に役立つ。また、マウスタイプ、スタンダードタイプとも、オフィスやパソコンに合わせて選べるブラック、ホワイト、グレー3色のカラーバリエーションを用意する。

 開発・製造は富士通フロンテックが、販売は富士通および富士通フロンテックが担当する。価格はオープンで、出荷時期は10月初旬。海外含め「PalmSecure」ビジネス全体で今後3年間で20万台のセンサーの販売を目指す。