NTTデータ(山下徹社長)など9社による「実践的アプローチに基づく要求仕様の発注者ビュー検討会(発注者ビュー検討会)」は9月18日、検討成果の第1弾として「発注者ビュー検討会」公式ホームページに、「発注者ビューガイドライン(画面編)」を公開した。

 「発注者ビューガイドライン(画面編)」は、情報システム開発における画面に関連する外部設計書の記述や記述内容の確認に関し、情報システムの発注者と開発者の間で誤った理解を防いだり、認識のずれを見つけ出すためのコツ(工夫)や留意点をまとめたもの。

 開発側のシステムエンジニアだけでなく、発注側の情報システム部門や業務部門の利用を想定し、発注者、開発者が互いの意図とは異なる理解をしたことに気づかないまま開発が進む状態を防止する。

 画面の検討分野に続き、システム化の範囲がわかる業務フローやそれに付随する設計要素に着目した「システム振舞い」と、情報システムで扱うデータ項目の整理とその構造に関する設計内容に着目した「データモデル」の分野で検討活動を開始。9社がワーキンググループ(WG)に分かれて「顧客にわかりやすい記述方法および合意方法」を検討、各WGが相互に情報を共有することで、より豊富な設計事例に基づく実践的なアプローチを目指す。

 さらに07年度末をメドに技術検討活動の成果物の完成を目標に、IT業界への普及に向けて活動を強化、展開する。また、情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター(IPA SEC)、日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)とも連携し、業界標準として普及することを目指す活動も推進する。

 発注者ビュー検討会は、NTTデータ、富士通(黒川博昭社長)、NEC(矢野薫社長)、日立製作所(古川一夫社長)、構造計画研究所(服部正太社長)、東芝ソリューション(梶川茂司社長)の6社により06年4月に発足。今回新たに日本ユニシス(籾井勝人社長)、沖電気工業(篠塚勝正社長)、TIS(岡本晋社長)の3社が加わった。