マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は9月18日、ビジネスユーザー向けの統合パフォーマンス・マネジメント(業績管理)アプリケーション「Microsoft Office PerformancePoint Server 2007 日本語版」を11月上旬に発売すると発表した。

 全社レベルでの継続的なPDCA(Plan-Do-Check-Action)の実現するための機能を統合したビジネス・インテリジェンス(BI)アプリケーション。Excelやブラウザを入出力インターフェイスとして、既存のビジネスプロセスを阻害せずに、あらゆるレベルの社員にパフォーマンス・マネジメントの効果を浸透できるという。

 予算編成や予測などExcelスプレッドシートを多用したプランニング業務を、関数やマクロの利用を維持しつつ、データや入出力シート、データ加工ロジックをサーバー上で集中管理することで、業務の生産性の向上と内部統制の強化し、安全性の確保を両立する「プランニング機能」を搭載した。

 また、プランニング機能により集約された業務データやさまざまな形式で散在する実績データを、スコアカードや戦略マップ、分析チャートなどの形式で可視化する「モニタリング機能」を搭載。直観的に扱えるグラフィカルツール「Dashboard Designer」により、あまりIT知識のないユーザーでも、素早く簡単に業績モニタリング・ダッシュボードを作成できる。

 さらに「分析、レポーティング機能」では、ProClarityが持つ高度な分析機能を取り込み、ブラウザまたは集中管理したExcel業務レポートを通じて、誰でも簡単にすばやくアクセスでき、Office SharePoint ServerやExcel Services、SQL Server Reporting Servicesとの連携も大幅に強化した。