日本SGI(和泉法夫社長)とメディアエクスチェンジ(MEX、山崎里仁社長)は、ソフトイーサ(登大遊会長)のソフト「PacketiX Desktop VPN」を活用したリモートアクセスサービス「DesktopVPN」を10月1日に開始する。

 インターネットを利用して遠隔地にあるPCにアクセスするサービスで、社内や自宅にあるPCのアプリケーションやデータを外出先から操作できる。接続したいPCに専用ソフトをインストールするだけで利用でき、複雑な設定は必要ないという。また、RSA1024bitの暗号化でセキュアネットワークを構築するので、データ流出の心配がない。

 提供方法は期間利用型で、1か月、6か月、1年契約の3メニューを用意した。1ライセンスの価格は1か月が950円、6か月が4580円、1年で8140円。発売から07年末までに実施する販促キャンペーンでは、価格を値下げし6か月契約の場合で3660円、1年で6350円で販売する。一般消費者をメインの顧客ターゲットに据え、発売後3年間で10万ユーザーの獲得を目指す。