コンテック(漆崎栄二郎社長)は、PCのVGA信号をデジタル転送し複数台のモニタに同時表示する画像配信ユニット「FlexNetViewer」を10月2日に発売する。

 PCのVGA出力をパケット信号に変換し、イーサネットLANを通じデジタル信号として送受信する装置で、PCの画面を、画質を劣化させずに離れた場所にある複数台モニタに表示できる。

 一般的に、PC画面を離れた場所のモニタで表示したり複数台のモニタに表示したりする場合、VGA分配器や信号延長器を使用しアナログ信号で転送するため、画質の劣化や表示可能な台数に制約があるという。「FlexNetViewer」ではこの問題を解消できる。講演会場で別室にある複数のモニタや点在する公共施設の案内表示器などに、同一画面を表示したい場合に役立つという。

 シリアルI/Oを備えるので、RS-232C対応のタッチパネル付きモニタを使用した場合は、タッチパネル信号もLAN経由で送受信し、複数のタッチパネルモニタを遠隔地から操作することもできる。

 送信機と受信機の2製品で構成し、画面を転送したいPCに送信機を接続し、表示したいモニタに受信機をイーサネットでつなげる仕組み。価格は、送信機「RP-VL-S-01」が6万900円、受信機「RP-VL-R-01」が5万7750円。初年度5000台の販売を見込む。