日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小田晋吾社長)とソフトバンクBB(孫正義社長)は9月25日、携帯電話を活用したWeb認証プラットフォームの分野で07年内に協業を開始すると発表した。

 今回の協業では、ソフトバンクBBの携帯電話を使用した認証サービス「SyncLock(シンクロック)」と、日本HPのWebシングルサインオンソリューション「HP IceWall SSO」を連携させ、携帯電話によるWeb認証システムとシングルサインオンの利点を生かし、新たな認証プラットフォームとして提供するソリューションを開発・検証する。連携ソリューションの提案・販売・構築・サポートでも協業し、業務用情報セキュリティソリューションサービスの展開を中心に導入促進を図る。

 連携ソリューションでは、「SyncLock」でユーザーの携帯電話を利用して本人認証を行う。ユーザーは、PC画面にランダムに表示される4桁のシンクロ番号を携帯電話から入力し、シンクロサーバーに送信。シンクロサーバー上では、PCと携帯電話による2経路複合認証を行うため、情報が露出することなく、安全で確実な本人認証が可能となる。

 また、複数のサービスで「SyncLock」による認証を使用する場合、これまではサービスごとに別々の認証を行う必要があり作業が煩雑だったが、Webシングルサインオンソリューションを導入することで、こうした課題も解決できる。日本HPは、ソフトバンクBBと共同検証を行い、日本HPの「HP IceWall SSO」を「SyncLock」と連携動作させることで、1度の「SyncLock」による認証で複数のWebサービスの認証が行えることを確認した。

 両社は、金融・流通・小売業などを対象に連携ソリューションを販売し、将来的には、日本HPが「SyncLock」の販売代理店として正式契約を結び、連携ソリューションの販売を一括して行う予定。