NTTコムウェア(今井郁次社長)は9月25日、電子透かしを活用したフィッシング対策ソリューション「PHISHCUT」を山口銀行(福田浩一頭取)に納入し、9月26日からサービスを開始すると発表した。

 「PHISHCUT」は、金融機関のオンラインバンキングやショッピングなどのWebサイトに電子透かしを埋め込み、サイトへのアクセス者がフィッシングなどの偽サイトに入るのを防ぎ、IDやパスワードなど個人情報の流出を防御する。山口銀行は、自社サイトのアクセスユーザーのセキュリティ確保のために、同ソリューションを導入した。

 サイトにアクセスするユーザーのPCに専用ソフトをインストールし、NTTコムウェアの認証システムと連携させる仕組みで、アクセス者は専用ソフトをインストールするだけで利用することができるという。