日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は9月26日、ITアウトソーシングサービス事業で中国市場に参入すると発表した。日立情報はすでにERPとネットワークサービス事業で中国に進出しており、今回が参入第3弾目のビジネスとなる。

 中国のソフト開発会社で大連市に本社を置く大連創盛科技有限公司(大連創盛)にサーバー運用監視技術を提供し、大連創盛のアウトソーシングサービスをバックアップ。支援した対価を収益に結び付ける。

 中国市場は、外資企業のデータセンターサービスを直接顧客に提供することを許可していないのが現状。日立情報はこの状況を踏まえ、顧客との直接窓口を大連創盛にし、技術供与というスキームで、中国市場への参入を果たした格好。具体的に、日立情報はサーバーの運用監視技術やデータセンターの設立・運用ノウハウを大連創盛に提供する。

 日立情報は今後、大連市だけでなくほかの中国地域の企業にも同様のアライアンスを組み、中国市場でのアウトソーシングサービスを拡大させたい考え。