Linux技術者認定機関の特定非営利活動法人(NPO)であるエルピーアイジャパン(LPI-Japan、成井弦理事長)は9月27日、Linux技術者認定試験「LPIC」の受験者が07年8月に全世界で15万人、日本国内で8万人を突破したと発表した。

 「LPIC」は、Linux関連の知識レベルを認定する試験で世界130か国で実施。レベル1、レベル2、レベル3の3段階の認定試験を用意する。00年1月のスタートから5年で、受験者は全世界で7万5000人。その後約2年で15万人を突破し受験者数が急増している。

 日本は全世界でもっとも受験者が多く、00年10月の日本語版開始以来、約7年で8万人を達成。ここ数年では月間2000人前後、年間2万人のペースで受験者数が増加している。