NEC(矢野薫社長)は10月1日、アジアパシフィック地域における営業・販売地域統括会社「NEC Solutions Asia Pacific(NECSAP)」と、地域事業支援サービス提供会社「NEC Business Coordination Centre Singapore(NECBCCS)」の現地法人2社を統合し、同地域の事業戦略立案・遂行やガバナンスを行う地域統括会社「NEC Asia(NECアジア)」を同日付けで設立したと発表した。新会社の社長には現在両社の社長・八木智裕氏が就任する。

 NEC(矢野薫社長)は10月1日、アジアパシフィック地域における営業・販売地域統括会社「NEC Solutions Asia Pacific(NECSAP)」と、地域事業支援サービス提供会社「NEC Business Coordination Centre Singapore(NECBCCS)」の現地法人2社を統合し、同地域の事業戦略立案・遂行やガバナンスを行う地域統括会社「NEC Asia(NECアジア)」を同日付けで設立したと発表した。新会社の社長には現在両社の社長・八木智裕氏が就任する。

 NECSAPはシンガポールに加え、インド、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナムにある現地法人のソリューションビジネスを統括している。一方、BCCSは人事や財務、CSR、資材調達、広報などのスタッフ専門機能を現地法人に提供している。

 東南アジア地域は、通信技術とIT技術を融合した市場が急速に拡大しており、次世代情報ネットワーク(NGN)などのネットワークインフラストラクチャ-、ITセキュリティ、アウトソーシング、データーセンターなどの先進ソリューションへのニーズが高まっている。NECは、今後の新たな事業モデルへの対応を含め、同地域での販売やソフトウエア開発の拡大など事業規模を拡張するためにNECアジアを設立。新たな地域事業の獲得を積極的に図るとともに、統括機能の強化やオペレーションの効率化、CSR推進機能などのガバナンスを行う。