イー・アクセス(安井敏雄社長)とイー・モバイル(千本倖生会長兼CEO)は10月22日、高速通信規格HSDPAを用いた高速モバイルデータ通信サービスでは日本初となるMVNO(Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)向け事業を12月から開始すると発表した。

 同社と提携するISP(インターネットサービスプロバイダ)がMVNOサービスを開始するには、イー・アクセスのADSLホールセールと共通の接続設備・業務連携インフラや付加価値サービスを利用する。これにより、現行のADSLホールセールの枠組みを活用した、効率的なMVNOサービスの展開が可能になる。

 MVNOの提携ISPは、NECビッグローブ(BIGLOBE)、ソネットエンタテインメント(So-net)、ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)、ニフティ(@nifty)、ハイホー(hi-ho)を予定し、順次サービスを開始するほか、他のイー・アクセス提携ISP各社との間でも検討を進める。

 また提携ISP各社とイー・アクセスは、事業の円滑な推進のための課題を共有、共同で検討・解決することを目的に、「MVNOコンソーシアム」を結成することで合意。コンソーシアムでは、業務上の問題点の解決のほか、共同マーケティングや通信・放送が完全デジタル化に向かう中での新事業創出に向けた共同研究にも取り組む。