NECとNECアクセステクニカ、中部テレコミュニケーション(CTC)は10月29日、CTCが提供する光回線に接続するだけで、インターネット接続と光電話の設定を自動で行う無線LAN対応のVoIPルータ「コミュファ光ホームゲートウェイ」を11月1日から、CTCの光回線接続サービス「コミュファプラス」と「アクセスコミュファプラス」のサービス契約者にレンタル提供すると発表した。

 通常インターネットに接続する際は、アカウント名やパスワードなどの情報を設定する必要があるが、「コミュファ光ホームゲートウェイ」は、サービス契約者の回線識別番号と本体の機器情報を関連付けて管理しており、CTCの光回線に接続して電源を入れると自動的に設定情報をダウンロードし、ユーザーが作業することなく接続設定が完了する。また、PCや無線LANの子機などに自動接続できる「らくらく無線スタート」にも対応する。

 無線LANはIEEE802.11a/11b/11gの3規格に準拠し、アセロス・コミュニケーションズ社の無線LAN高速化技術「Super AG」や「XR」をサポート。対応する無線LAN内蔵パソコンとの接続時することで安定したデータ転送ができる。