NECは12月4日、次世代ネットワーク(NGN)が備える回線認証と個人認証の連携機能を提供する認証基盤ソフト「NC7000-NA」と、個人認証におけるID管理や顧客情報との連携/フィルタリングサービスが可能な個人認証基盤ソフト「NC7000-3A-CO」「NC7000-3A-ID」「NC7000-3A-PM」、認証を利用して決済サービスを提供する決済基盤ソフト「NC7000-PS」を発売した。

 「NC7000-NA」は、NGNの回線認証情報にIDなどの個人認証情報を結びつける認証基盤ソフト。回線の利用者を特定し、なりすましや不正アクセスを防止。回線認証では、同社の「NC5000-NS」と、個人認証では「NC7000-3A」と連携する。

 「NC7000-3A-CO」は、個人認証における中核の機能を担い、複数のID管理やID/パスワードの払い出し、変更、リセット、失効などのライフサイクルを管理する。また、パスワード認証やNGN認証などを組み合わせた複合認証が行える。「NC7000-3A-PM」は、ID連携を実現するために連携対象のサービス事業者情報の管理機能とSLA管理機能を提供する。「NC7000-3A-ID」は、ドメインの異なるサイト間のID連携を提供し、属性交換を実現。「NC7000-3A-PM」から取得できる提供情報とユーザ指定内容に沿ってフィルタリングしたユーザの属性情報を提供先へ公開可能だ。

 また、「NC7000-PS」は、8月のValista International Ltd社との提携に基づいた決済ソリューション基盤。支払いや返金、入金、ポイントなどを電子財布により管理し、複数の決済方法からのユーザによる選択を実現でき、決済における関連事業者へ収益分配機能を提供する。

 「NC7000-NA」と「NC7000-PS」はシステム販売、「NC7000-3A」はライセンス販売を予定し、価格は機能のカスタマイズを含めて個別見積もり。販売目標は、今後3年間で合計100システムを計画している。