アユダンテ(安川洋社長)は12月13日、携帯電話向けサービス「携帯秘書モバセク」の法人向けASPサービスを発売した。

 携帯電話のメールでパソコンのメールを送受信したり、グループウェアの予定を確認したりできる携帯電話サービスで、「携帯のPC化」の実現するもの。電波の弱い外出先や移動中でもスピードとセキュリティを保ち、効率よく活用できる。

 ASPサービスのため、企業側での特別なハード・ソフトの導入は不要。5人以上の利用者がいる企業向けに専用の管理画面を提供する。企業側でモバセクを利用する社員の設定を簡単に行え、管理者が利用者に向けてメッセージを送信することもできる。

 利用人数5人以上でサポート費用を含む価格は、4万2210円から。利用人数は随時追加できる。なお事前に、契約前に無料でモバセクの全機能を利用できる「お試し期間」を設定する。

 同社では、外出の多い営業、客先での作業が多いシステムコンサルティング事業者、店舗に立つためパソコンが利用できない流通事業者への導入を見込む。