べトナムとICTフォーラム開催

 【ソウル発】韓国情報通信部は11月30日、韓国─ベトナム修交15周年を記念するため、ベトナムのハノイ市で「韓国─ベトナムICTフォーラムおよび展示会」を開催した。キム・ドンス情報通信部次官は、ベトナム情報通信部次官のトゥラン・ドック・ライ氏とIT戦略会談を行い、両国のITパートナーシップをより強めることで合意した。

 今回のフォーラムは韓国─ベトナム両国のIT協力関係をよりいっそう強めるためベトナム政府の招待で行われたもので、韓国はWiBro、DMB、IPTVなどの先端技術やサービスを紹介した。

 この日は、ベトナムの通信会社であるVNPT(ベトナム郵政通信公社)をはじめ、Vinaphone、韓国のKT、SKテレコム、韓国電子通信研究所(ETRI)などからも300人ほどが参加した。

 キム・ドンス情報通信部次官は「韓国はベトナムに対して世界で最もたくさん投資をしている国。今日のフォーラムが両国の包括的同伴的関係を強化する契機となり、WiBro、DMBなど新しいIT技術とサービス分野において両国間の協力がさらに深まる場になることを期待する」と韓国IT企業のベトナム進出を期待するといった発言をした。

 韓国側はベトナム政府に対して、商用化に成功した世界標準技術であるWiBroを導入してもらいたいと希望し、ベトナムに進出している韓国企業が直面している問題を解消できるようベトナム政府の積極的な支援を要請した。

 これに対してベトナム情報通信部次官は、WiBroなど韓国の先端技術を高く評価しながらベトナムに進出した韓国企業を直接訪問し、問題を解決するために最善を尽くしており、今後も持続的な支援をすると明らかにした。

 韓国情報通信部はまた、ベトナム郵電通信技術研究院本館で韓国・ベトナム情報接近センター再開所式を行った。このセンターは2003年にオープンし、公務員、学生、会社員など4万人以上が利用する施設で、ベトナム国民の情報利用能力向上に寄与してきた。修交15周年を記念し、センターを最新IT装備にアップグレードし再開所。これからもベトナムの情報化促進に重要な役割を果たすと期待されている。

 傘下機関である韓国ソフトウェア振興院もベトナムでのIT市場開拓のチャンスを確保し、韓国IT企業を広報するため「韓国─ベトナムSW協力カンファレンス」を開催した。主に電子政府構築に関する企業が参加し、1対1のビジネスミーティングも行われた。
 趙章恩(チョウ・チャンウン=ITジャーナリスト)