8か国政府の局長級を招き

 【ソウル発】韓国情報通信部は、東南アジア、中南米、アフリカにおける8か国と電子政府構築経験やノウハウを共有するために、電子政府協力カンファレンス「Sharing Experience in e-Government 2007」を11月30日、ソウルCOEX展示場で開催した。

 今回のカンファレンスには、情報通信部と電子政府導入調査に協力したベトナム、モンゴル、エクアドル、ネパール、グアテマラ、タンザニア、フィリピン、インドネシア、ウクライナの各国政府の局長級と韓国駐在の各国大使などが参加した。

 情報通信部の責任者は、開会式の挨拶で「電子政府は国民の生活の質と国家経済の競争力を左右する政策アジェンダだけでなく全世界すべての国家の情報格差を解消するためのグローバルイシューである」と強調し、韓国は世界各国と電子政府協力関係をより強化していくことを明らかにした。

 続いて、韓国の電子政府が成功した要因、公的援助プログラムの内容、IT分野の研修プログラムなどが発表された。さらには、エクアドル、ベトナムなど6か国に対する電子調達、関税行政、情報提供など韓国と技術協力を推進した分野に関する各国のビジョンや政策などが発表され、相互間での電子政府の未来像や協力施策が議論された。

 情報通信部は、今回のカンファレンスに招致した8か国との協力関係をさらに発展させる契機になるとみている。そして、これまで重点的に推進してきた戦略分野の電子政府システムの海外進出支援のための基盤になることを期待している。
 趙章恩(チョウ・チャンウン=ITジャーナリスト)