DGグループは1月7日、ミニブログサービス「Twitter」提供の米Twitterと資本・業務提携したと発表した。08年春までに携帯電話とPCのそれぞれに向けた日本語版「Twitter」サイトを開発する予定。

 DGグループの全額出資子会社で投資・育成事業のDGインキュベーション(六彌太恭行社長)が、米Twitterに出資するほか、「Twitter」の日本展開を支援する。

 ミニブログとはブログの簡易版で、ユーザー同士がWeb上で容易にコミュニケーションが図れるツール。「Twitter」はミニブログの最大手で、登録や利用は無償。APIを通じて第三者が「Twitter」と連携したプログラムを開発できる設計にしている。