日本ユニシスは2月18日、企業内のログ情報を収集・保管・分析・報告・監視する仕組みを構築し、情報セキュリティや内部統制などに活用するソリューション「統合ログ管理ソリューション」に「ワークフローシステム連携機能」を追加し、提供を開始したと発表した。

 ワークフローシステムとの連携で、情報システムに加えられた未承認行為を検知し、責任者に警告する仕組みを自動化するもの。紙ベースで行われている「申請・承認の仕組み」をワークフローシステムによって電子化し、申請業務の効率化や権限管理の見える化を実現する。

 また、ID作成やプログラムの変更など、ワークフローシステムの承認ログと、対象とする情報システムに加えた行為の両方のログを、「統合ログ管理ソリューション」の中核となるアプライアンス製品「RSA enVision」で収集。その相関分析機能を利用して自動的にログの突合せを行い、未承認行為を責任者に警告することで、正確で効率的なモニタリングを実現。データやプログラムへの不正な変更・破壊などを迅速に発見できるようになり、情報システム部門での作業負担も大幅に軽減できる。

 ログを突合せた結果、未承認の変更作業などの警告履歴、承認済の正当な変更履歴などの証跡はレポートとして自動出力することができ、モニタリング状況の定期報告や、内部・外部監査の際の証跡として活用することが可能。また、「RSA enVision」が持つ暗号化機能により、ワークフローシステム上の承認ログやログ突合結果を高い圧縮率で安全に、低コストで保管することができる。

 日本ユニシスでは、ワークフローシステム連携の第1弾として、日立製作所の「電子フォームワークフローセット」との連携を開始。「統合ログ管理ソリューション」と「電子フォームワークフローセット」との組み合わで、今後3年間で3億円規模の売り上げを見込む。さらに4月から、日本ユニシス・ビジネスのワークフローシステム「e文書Station」との連携も開始する予定。