NECとSAPジャパンは2月19日、ソリューションなどの開発や、マーケティング、販売に至る広範な協業をグローバルに開始すると発表した。

 両社は、NEC製ITプラットフォーム製品のSAPソリューションに組み込み、共同でマーケティング活動を実施。その後、SI領域でのソリューションの共同開発とマーケティング、アプリケーション・サービス事業の共同で展開していく。さらに、要員育成とR&Dでも協力する。

 協業第1弾として、市場成長率の高いアジア地域においてSAP関連要員の強化をはかり、現在の300名体制から2010年に600名体制に拡大していく。他地域への拡大も検討しているという。

 また、今回の協業に加え、NECとSAP AGは、「グローバルテクノロジーパートナ契約」を締結することで合意した。これに基づき、NECは4月に、グローバルにSAPのプラットフォームとして活用可能なサーバーストレージの認証を行う「NEC SAPコンピテンスセンタ」をSAP AG本社内に開設し、最適なプラットフォーム製品を提供していく。