エーピーシー・ジャパン(APC Japan、内藤眞社長)は、サーバー用ラックのカスタマイズに対応するため、ヒューマン(HUMAN、菅野昭吾代表取締役)と業務提携を行った。

 APC Japanは、従来より標準化した高品質のラックを「標準サーバラック」として提供している。一方、今後、需要の増加を期待できるカスタマイズラックに迅速に対応するため、日本のカスタマイズラック分野で多数の納入実績を持つHUMANと提携し、APC製の標準ラックを使ったカスタマイズラックを提供することとした。さらに、顧客のデータセンタ環境を総合的に診断し、最適なラック環境を提案するコンサルティングにも対応する予定。

 今回の業務提携により、APC Japanは標準ラックのカスタマイズ製品をHUMANから直接販売することで、2010年には現在のラック売上高の倍増を目指す。