NTTソフトウェア(NTTソフト、伊土誠一社長)とアジレント・テクノロジー(アジレント、海老原稔社長)は、IP電話やIPアプリケーションサーバーなどのSIP搭載通信製品の試験ツール「ActiveSIP Simulation Tester」の販売で協業した。

 「ActiveSIP Simulation Tester」は、SIP搭載通信製品の検査を効率よく行えるツールで、NTTソフトが2月中旬に発売していた。プロトコルチェック機能とNGNなどの公開されたネットワークインターフェイス条件に合ったシーケンスデータおよび検査データを提供する。従来の機能確認用システムと比べて、SIP対応サービスや機器検査の準備作業を簡素化できるという。

 NTTソフトは、「ActiveSIP Simulation Tester」拡販のため、今回アジレントとの協業を決めた。アジレントは、ネットワーク機器メーカーやプロバイダなどをターゲットに「ActiveSIP Simulation Tester」を販売する。全国的な販売網をもつアジレントとNTTソフトのソリューション提案力、およびシステム構築力を合わせ、営業活動や販売促進活動も共同で実施する計画。