マイクロソフトは4月8日、「Microsoft Windows Server 2008」日本語版ファミリーの各パッケージ製品を4月16日に発売すると発表した。また、ヨドバシカメラやビックカメラと共同で、「Windows Server 2008発売記念イベント」を4月18日に実施する。

 「Windows Server 2008」ファミリーは、次世代のWebテクノロジーや仮想プラットフォームのために、「Hyper-V」テクノロジー、「Internet Information Services 7.0」「Server Core」「Windows PowerShell」「Network Access Protection」や、サーバーマネージャーなど、数多くの新機能を搭載。これまでに提供された「Windows Server」の中で、最も信頼性、管理性、安全性、統合性が高いサーバープラットフォームとなっている。

 今回のパッケージ製品では、「Windows Server 2008 Enterprise」「Windows Server 2008 Standard」「Windows Web Server 2008」の3つのエディションを発売する。価格はすべてオープンで、主な製品の実勢価格は「Windows Server 2008 Enterprise(25 CAL付)」が72万円、「Windows Server 2008 Standard(5 CAL付)」が18万8000円、「Windows Web Server 2008」が8万5800円、「Windows Server 2008 5CAL」が3万2600円。

 各パッケージには、x86とx64のDVDメディアを同梱しており、ユーザーニーズに合わせて32ビット、64ビットを選択することが可能。「Windows Server 2008 Enterprise」と「Windows Server 2008 Standard」には、「Microsoft Hyper-V」のベータ版が含まれており、サーバーを仮想化環境上で使用することができる。「Hyper-V」の製品版は8月に提供する予定。

 なお、「Windows Server 2008発売記念イベント」は、ヨドバシカメラマルチメディアAkiba店と、ビックカメラ有楽町店で開催。仮想化テクノロジーである「Hyper-V」、クライアントの検疫を行うネットワークアクセス保護機能「Network Access Protection」、「Windows Server 2008」に搭載された「ターミナルサービス」などの新機能を、デモンストレーションを交えてわかりやすく説明する。