ディアイティ(dit、下村正洋社長)は4月24日、同社が販売する米セキュアコンピューティングのWebセキュリティソリューション「Webwasher」が、独AV Test Labsの評価報告で「アンチマルウェアNo.1」に選ばれたことを機に、期間限定の値下げ施策を実施すると発表した。

 開始するのは「WebwasherアンチマルウェアNo.1キャンペーン」で、4月25日から6月30日までの期間に他社製品からリプレースする顧客に対し、本体標準価格の半額で販売する。

 AV Test Labsは、年間2000以上のウイルス・スパイウェア対策などのセキュリティ製品をテスト・評価する独立系調査・研究機関。08年1月に発表した最新のアンチマルウェア評価報告では、26のアンチウイルス・マルウェアソフトと、2つのゲートウェイ製品の合計28製品を対象に、Windows XP(SP2)を使用してテストを実施した。

 この結果、米セキュアコンピューティングの「Webwasher」が精度99.9%で総合第1位となり、最も信頼できるWebセキュリティソリューションであると報告している。