ネットスター(小河原昇社長)は、フィルタリングサービス「サイトアンパイア」が、センチュリー・システムズの中小規模法人向けルータ「FutureNet XR-540/C」で利用可能になったと発表した。

 「サイトアンパイア」は、ルータで稼動するフィルタリングサービス。ゲートウェイサーバーの導入および常時稼動に必要な運用コストを削減してフィルリング機能を利用可能。年間価格は、5ユーザーで3万円台からとパッケージソフトに比べ低価格に設定している。

 今回、「サイトアンパイア」が対応した「FutureNet XR-540/C」は、専任のシステム管理者が不要のビジネスルータで、中小企業に多くの導入実績があるという。対応時期は今秋を予定しており、「FutureNet XR-540/C」のユーザーは、ファームウェアのバージョンアップで「サイトアンパイア」の利用が可能になる。ルータを買い換える必要がないため、低コストでURLフィルタリングを導入できる。