アライドテレシスホールディングス(大嶋章禎会長)は、連結子会社のアライドテレシスとコレガを09年1月1日付けで合併すると発表した。アライドテレシスがコレガを吸収合併する形だが、コレガブランドは残す。

 アライドテレシスは、日本国内のエンタープライズ向けネットワーク機器を販売してきた。一方、コレガはコンシューマ向けのネットワーク製品を取り扱っている。

 今回の合併により、国内SMB(Small Medium Business)市場に向けコレガブランドを強化し、コレガの無線LANを中心とした製品群に、アライドテレシスの品質基準と顧客満足度の高いサポートを加え、拡張性の高いSMBソリューションの提供を目指す。

 合併後は、アライドテレシス内にコレガ事業部を設置。中規模オフィスを対象とした「コレガ・オフィスネットワーク・ソリューション」とサポートサービスを展開する。また、国内を網羅する販売網を構築するとともに、コレガが得意としてきた家電/カメラ量販店などにおける店頭販売も継続する。