ビヨンディット(宮田泰彦代表取締役)は6月3日、電磁波からの情報漏えい対策ソフト「クリプタイプ」でCBCと業務提携したと発表した。CBCは、ビヨンディットに対し技術面など開発協力するほか、販売パートナーとして「クリプタイプ」の販売を手がける。

 「クリプタイプ」は、画像に特殊な修飾加工し、電磁波からの画像情報を解析しにくくするソフト。万一、電磁波を盗聴されても、正確な内容を解析できないようにし、電磁波経由の情報漏えいを防ぐことができるという。ソフトは、ビヨンディットが情報通信研究機構(NICT)の情報通信セキュリティ研究センターと共同研究した成果が基盤になっている。

 ビヨンディットでは、すでにマイクロソフトのオフィスソフトや、Webブラウザに対応するプロトタイプの開発を終え、さまざまな組み込み機器への対応も進めているという。今後、CBCと協力して電磁波情報漏えい対策市場の開拓強化を図る。