アドバンスデザイン(本田正社長)は、HDDメーカー、米シーゲイト・テクノロジーの子会社である米シーゲイト・リカバリー・サービスと協業を強化し、アジア地域での同社のHDD復元サービスなどを提供する。同社は「シーゲイト・リカバリー・サービス」と「アドバンスデザイン」の2つのブランドを軸に顧客拡大を図る。

 シーゲイト・リカバリー・サービスのHDDデータ復旧サービスに関しては自社主導で行うとともに今後はシーゲイト・リカバリー・サービスが取り扱うオンラインバックアップサービス「EVAULT(イーボールト)」や電子情報開示関連のソリューションである「METALINCS(メタリンクス)」の展開について、代理店を開拓していく計画だ。具体的な施策については現在策定中としている。

 同社は昨年シーゲイト・リカバリー・サービスと業務提携し、今年に入って同社のデータ抹消ツールをはじめとした製品群をOEMにより販売すると発表した。2006年にシーゲイト社に買収されたカナダのHDD復旧サービス会社アクションフロント社の時代から技術面を含めた提携を続けており、今回シーゲイト側からの申し出により関係強化にいたった。

 シーゲイト社は今年、大口顧客との継続的なグローバル・サポート契約を獲得したことから、アドバンスデザインもこれまでの一時的なサポートから大口顧客の継続的なサポートに向けた体制を整えていく構えだ。アドバンスデザインは1995年創業でHDD復旧サービスの国内市場の黎明期からサービス提供を開始した先駆的企業。