富士通(野副州旦社長)は7月22日、金融業向けチャネル統合ソリューション「EVOLUO(エヴォルオ)-ChanelIntegrator」を発売した。

 金融機関の営業店端末やATM(現金自動預払機)など、顧客との接点(チャネル)で発生する業務や利用する情報機器を統合管理し、金融機関の業務効率化や顧客満足度向上を支援するソリューション。06年に富士通が手がけ始めた金融業向けソリューションブランド「EVOLUO」の第5弾で、チャネルに焦点を当てた5つのメニューを揃えた。

 営業店舗の端末やATM、オンラインバンキングなど、異なる複数の顧客接点の場で発生したユーザーとのやりとり情報を一元管理するのが特徴。具体的なメニューは、「事務ナビゲーションサービス」「事務量可視化サービス」「取引監視セキュリティサービス」「FBC(Financial Business Components)連携サービス」「チャネルフレームワークサービス」の5種類。

 吉田春男・金融ソリューション開発本部本部長は、「金融業のチャネル向けソリューションは縦割りが多い。新ソリューションは、複数のチャネルを束ねてチャネルシステムの全体最適を図ることが可能になる」とコンセプトを説明。同本部の近藤洋司主席部長も、「チャネル全体を1つにまとめられるソリューションは富士通だけ」(主席部長)と、特徴にした複数チャネルを統合管理することの優位性を強調している。

 中核の「チャネルフレームワークサービス」は、営業店端末やATM、コールセンター、オンラインバンキング、提携先店舗端末などの多様な情報機器・システムのデータを、SOAをベースとした「チャネルフレームワーク」とよぶシステムで統合。データを一元管理する。異なったチャネルの取引業務やユーザー情報などを1画面で閲覧・編集でき、業務効率化と顧客満足度向上に結び付ける。

 価格は、全メニュー年額料金制にした。「チャネルフレームワークサービス」は、最大セッション(同時ログイン)数100以下で500万円、「事務ナビゲーションサービス」は同300万円、「事務量可視化サービス」が同200万円、「取引監視セキュリティサービス」と「FBC連携サービス」が同100万円。国内の金融機関をターゲットに拡販し、発売後5年間で50社のユーザー企業獲得、150億円の売り上げを目指す。